着物レンタルで新しい自分を発見

着物は洋服とは全く違った日本古来の雰囲気に変身できるものです。しかし、着物を着るためには色々な道具や小物が必要となるので、一式そろえるとしたら非常に高額になってしまいます。さらに、着物は洋服とは違い、着付けの技術がないと着ることが出来ないので、なかなか気軽に楽しむ事が出来ないというデメリットがあります。しかし、このような点もカバーできるのが着物レンタルです。業者によってサービスの内容は若干異なりますが、着物だけでなく必要な小物類もすべて用意することが出来て、さらに着付けのサービスも行っている業者も多くあります。このような業者を利用すれば、誰でも気軽に着物を楽しむことができます。洋服とは違った雰囲気に変身することが出来る着物で、新しい自分を発見するきっかけにもなるでしょう。

着物レンタルのメリット・デメリット

着物レンタルのメリットとは、気軽に着物を楽しむことが出来るという点です。購入する場合には、色々な小物までをそろえていくと非常に高額になってしまう着物でも、レンタルであれば、小物のレンタル料は含まれていたり、専門知識を持った人がコーディネートのアドバイスなどをしてくれるので、非常に心強いものです。デメリットとしては、時期によっては好みの着物のレンタルが出来ないという点です。成人式などのシーズンには、レンタルを利用する人が非常に多いので、好きな着物の柄や色の予約が入ってしまってレンタルできないという可能性もあります。また、自分だけの着物では無いので以前に誰が着たのかなどが分からないという点もあります。メリット・デメリットをきちんと把握して、自分に合った方法を選びましょう。

着物レンタルをする時のポイント

着物のレンタルをする時のポイントとしては、まずは自分に合った着物を選ぶことです。着物には色々な柄や色があります。洋服と違い、いつもと違った色や柄に挑戦する良い機会です。合わせるポイントとしては体型によって、柄や色を絞っていくことです。小柄な人であれば、赤やピンクなど明るい色を選ぶと、華やかな雰囲気になります。反対に体格の良い人であれば、濃紺や黒などの落ち着いた色を選ぶと大人っぽい雰囲気になります。柄の入り方も体系によって工夫すると良いでしょう。小柄な人の場合、小さな柄のものを選んだほうが、全体的なバランスが取りやすいでしょう。反対に体格の良い人は大柄もしっかりと目立つので、華やかな柄のものを選ぶのも良いでしょう。色々なものを合わせてみることが大切です。